家族葬の準備のポイント

家族葬の準備のポイント

家族葬の準備のポイント 葬儀は故人の意向を尊重する必要があるので、亡くなる前に身内だけでしてもらいたいというような希望があれば家族葬を執り行う必要があります。通常の葬儀であれば世間に公開するために様々な客が参列しますが、家族葬の場合は基本的に家族のみで行うので、生前の交友関係を調べて故人の意向で家族葬で行うために参列は辞退してもらうことをしっかり伝えておく必要があります。また、香典や供花、弔電についても辞退するように伝えておくことで、返礼品などの準備は必要最小限で済みます。
どうしても、急に相手から渡された場合は、トラブル防止やお世話になった人への礼儀のため、必ず香典返し等の返礼品をお返しする必要があります。葬儀社をどこにするか決め依頼することで、誰もが不慣れな手続きや葬儀の準備等をサポートしてくれます。特に、亡くなった後は悲しみに打ちひしがれるために、冷静ではない場合もあるので、急な事故を除き、生前で時間がある場合は故人や家族ともよく話し合って、あらかじめ決めておくことで負担が大きく減ります。

家族葬のプランニングはプロにおまかせ

家族葬のプランニングはプロにおまかせ 一言に家族葬と言っても、そのスタイルはさまざまです。一般的に小規模な形式で行われるお葬式で、身内の集まりでゆっくりした時間を過ごすことができるのがメリットのお葬式の形です。
もしも故人の意思で行いたいことがあるならば、家族葬が向いています。あんなことやこんなこと、まずはできるか気になるのならばプロにプランニングしてもらうとスムーズです。
故人が好きな音楽を流したいとか、しんみりするのは嫌いだからとことん明るく楽しく過ごしたいなとさまざまことに対応しながらお葬式を行うことができます。
もちろん家族葬には、お葬式に必要最小限のセットがありますから難しい考えることはありません。最小限のセットに故人の希望をプラスしながら、故人のためにも、遺族のためにもスムーズでやって良かったと思えるお葬式を決めることができます。プロにプランニングしてもらうことで、負担が少なくて家族葬を良い思い出として残すことができます。