初心者のための家族葬情報サイト

家族葬を選んだ結果の後悔

家族葬を選んだ結果の後悔 お葬式の形態が多様化している現代、人気が上がっているのが家族葬です。
家族葬とは家族や身近な親族のみで行う小さなお葬式のことです。
たくさんの方に来ていただくことがないので準備があまり必要ない事、故人とお別れの時間をゆっくりととれる事、費用の負担が少ない事、自分たちならではのオリジナルのお見送りが出来る事などがメリットとしてあります。
しかし、後悔をしないようにしっかりとした意思を持つことが必要です。
生前親しくしてた人やお世話になった人などはお別れをさせて欲しかったという思いを持つ方もいます。
後日亡くなったことを知ることで残念に思う方がいるかもしれないということを把握しておく必要があるのです。
そして、亡くなった際にはそのお知らせと家族葬にする意向であることを知らせることが大切です。
そうすれば、遺族側の気持ちを汲み取り、家族葬で見送ることに対して理解を示し、故人に対しても心の中でお別れを伝えることができれば、その後のつながりもうまくいくのです。

モヤモヤが残らない家族葬を!

モヤモヤが残らない家族葬を! 家族が亡くなった場合、葬儀を行う必要が生じます。
葬儀には様々な種類のものがあります。
最近増えているのが、家族葬です。
家族葬とは、家族を中心に、親族や親しい友人等で行う小規模な葬儀のことです。
10人前後となることが多く、仕事関係の知人や近所の人達を招くことなく、こじんまりと行われます。
葬儀は、招く人の数によって、費用がかかるようになります。
したがって、家族葬は、費用をおさえた、合理的な葬儀のスタイルといえます。
家族が中心となりますので、故人の死を心から悼むことが出来る人達の集いとなります。
故人の冥福を、心底祈ることが出来るメンバーが集まりますので、モヤモヤが残らないような葬儀となります。
仕事の付き合い等で、参加してもらうことなく、故人の最期をよく理解出来ている人達が送る葬儀となりますので、理想的な葬儀が行われることになります。
お金をかけることよりも、故人の好きだった花を使った祭壇を依頼するなど、故人を思い出しながら、準備を行うことで、モヤモヤが残らず、故人も喜んでくれるような葬儀が体験出来ます。