初心者のための家族葬情報サイト

家族葬でよく起こるミスは◯◯

家族葬でよく起こるミスは◯◯ 家族葬でよく起こるミスとしては、少数の友人を呼ぶ場合などに、その友人から他の人に葬儀のことが知られる場合があるということです。
葬儀の参列は近親者やごく親しい友人のみにしたい場合でも、亡くなったことを聞いて葬儀に顔を出したい人が訪れることがあります。
本当に決めた人数だけの参列にしたい場合は、葬儀の案内をした人に葬儀のことを他言しないようにお願いしておくことが必要になります。
飛び入りでの参列も大丈夫な場合にはその必要はありませんが、準備のこともあるため事前に葬儀会社に相談しておくことも必要でしょう。
また、同じ「家族葬」という名称でも各葬儀会社によって葬儀費用に違いがあるため、それぞれの業者について比較してみることも大切です。
ホームページに掲載されている費用に加え追加費用がかかる場合もあり、格安で行えると思っていたものが実際には予定していたよりも多くの金額になることもあります。
家族葬は葬儀費用が安くで済むという認識があり、その結果追加費用などのことに関してそこまで確認せずに行なってしまう場合もあるため注意が必要です。
事前に葬儀会社と葬儀の打ち合わせをしっかり行い、追加費用やオプションの費用についてなど、総額でどれくらいの費用が必要なのかを確認しておくことが大切です。

家族葬で見落としがちな準備

家族葬で見落としがちな準備 最近年を中心に急速に広まっている葬儀の形式に家族葬があります。
ごく内輪の規模の小さな葬式で、参列者は家族と故人とごく親しかった友人といったように、中には遠い親戚の弔問や香典を辞退するという場合もあります。
そんな家族葬は喪主を中心として葬儀の進行や内容を決めることができ、故人の意向に従ったオリジナリティに富む内容となる反面、つい見落としがちな準備もあるので注意が必要です。
例えば葬儀の内容ばかりに気をとられて、どこまでの親戚や友人に参列してもらうかといったことから、どのように通知をしたら葬儀の当日にいきなり参列に来るなどというハプニングを避けられるかということは前もって考えておきたいところです。
また、無事に葬儀が終わってからのことも準備としては見落としてはならないポイントです。
家族葬で参列ができなかった人々が、故人の自宅にお線香をあげにと訪問を希望するかもしれません。
そういったことが起こっても慌てないように家族葬を行うと決めたら、準備に見落としがないように気をつけましょう。