初心者のための家族葬情報サイト

このサイトでは大切な家族の最後の瞬間だからこそ後悔したくないと思っている方のために、家族葬について様々な情報を知ることができるようになっています。
近年は家族葬を選ばれる方が増えていますが、経験がない人にとってはどんなことをすればいいのかどんな失敗に気をつければいいのかなど、わからないことがたくさんあります。
知りたい情報に合わせて読み進めていくこともできますので、多くの方の参考になるサイトとなっています。

家族葬でありがちな失敗

家族葬でありがちな失敗 家族葬は限られた家族や親戚のみを集めて行う葬儀となっていますが、ありがちな失敗としては参列者の選考で起きるトラブルです。
繋がりの強い家族のみで葬儀を行う場合であっても、できるだけ親戚や故人が生前近しく付き合っていた人には参列を呼びかけることがあります。
葬儀場のスペースや親戚・知人の数にもよりますが、まったく連絡をしないと後にトラブルが起きることもあります。
トラブルを起こさないためには、家族葬であっても故人の葬儀は近しい家族のみで執り行うことは事前に伝えておくようにします。
その際は故人の意向でといった言葉を使うと相手にも不快感を与えることがありません。
事前に連絡するのが難しい時は、後日でも構いませんので家族葬にした経緯を話すと失敗することがありません。

家族葬でのハプニング事例

家族葬でのハプニング事例 家族葬を行う時にいろいろとハプニングが起きる時があります。
そもそもこの葬儀がどんな葬儀かわからない人も多いので、葬儀だと人づてに聞いて会葬に行ってしまうといった事例が少なくはありません。
本来家族葬というのは、故人の家族や親しかった肉親のみで行われる葬儀になります。
一般的に会葬者は来ないことが普通です。
ですから故人の家族も亡くなったことを外部には告知せずに行う葬儀です。
この告知が不十分で葬儀に会葬者が来てしまったという事例が、少なくはありません。
家族葬で行うという旨の連絡の不徹底や家の周りに葬儀の日時の告知板を出してしまったなどが、会葬者が来てしまう原因の一つになっています。
会葬に来てくれているのに追い返すわけにもいかず、故人の遺族は会葬者はいないものと信じて葬儀を行う会場を小さなものにしてしまい、会葬者が来て入りきらなかったとか、会葬者はいないものだと香典の受付場所など確保がしてなくて、香典を受けるために喪主が僧侶が読経を行っているときに立ち上がり会葬者の香典を受け取ったりお礼を言ったりと、ハプニングには事欠きません。
家族葬を行う時にはしっかりと告知するところにはしっかりと告知し、しないところには絶対しないことが大切です。

葬儀の情報サイト

早朝、深夜も対応の早い宮崎市の葬儀場です

宮崎市対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式